トイプードルレッド・チワワチョコタンのブリーダーのレッドトイボックス

チワワについて

チワワの原産地
メキシコ
チワワの歴史
チワワの起源には諸説ありますが トルテカ文明の時代にインディオにより家畜化され メキシコ最大の州の名前「テチチ」よりチワワとつけられたと言われています。メキシコでは、ねずみ狩りに使用されていたこともあります。
チワワの一般的な外貌
もっとも重要なのは、アップルヘッドである。
適当な長さの尻尾は、お先が腰に向かってカーブもしくは半月状に高く保持される。
骨格は、スクエアより少し胴のほうが長い。
チワワの一般的な性格
機敏で注意深く、勇敢 パワフルで活発に行動します。
チワワの毛色
全ての色調・組み合わせが認められている。
チワワのサイズ
500g〜3kgで 1〜2kgの体重が好ましい。3kg以上は、ドッグショーにおいて失格となる。
その他のチワワの特徴
極小チワワには、大泉門が閉じないなどの骨の異常が多く見られ 大泉門がなかなか閉じない場合は、水頭症なども考えられる。
極小チワワでなくてもチワワの骨は細いのに 活発な性格から高いところから平気で飛び降りたりするので骨折をする可能性が高く このため高いところに上げないようにする事や子犬の時期に日光浴を充分させしっかりとした骨のチワワに育てる必要がある。

▲このページのトップへ