トイプードルレッド・チワワチョコタンのブリーダーのレッドトイボックス

プードルについて

プードルの原産地
フランス
プードルの歴史
フランスで人気をはくしたことよりフレンチ・プードルと呼ばれることもあります。元は、カモ猟に使用されていましたが
16世紀ごろからフランスの上流階級の婦人に愛されるようになってミニチュア・サイズのプードルが作出され、ルイ16世(1754年〜1793年)の時代にはトイ・プードルも作出されて、毛が抜けないこともあり 上流階級の婦人の抱き犬として当時の肖像画にも多く登場しています。
ドッグショーにおいて きれいにカットされ 凛として走るプードルの姿には、当時の貴婦人の面影をも思い起こさせるものがあります。
プードルの一般的な外貌
優雅な容姿と気品に富んだ風貌で スクエアタイプで尻尾を高く保持している。表現は、知的で優雅で気品を発しなければならない。
プードルの一般的な性格
利口で活発 従順で活動的である。
プードルの毛色
綺麗な1色毛であることを理想とし、ホワイト・ブラック・ブルー・グレー・シルバー・レッド・ブラウン・アプリコット・クリーム・ベージュがある。
プードルのサイズ
大きなものから順に スタンダード・ミディアム・ミニチュア・トイの4種類がある。
  • スタンダードは、体高45〜60cmで 上下2cmまで許容される。
  • ミディアムは、35cm〜45cmである。
  • ミニチュアは、28cm〜35cmである。ドワーフィズム(矮小発育症)をいかなる兆候も呈してはならない。
  • トイは、28cm以下(26cmが理想)である。オキシパッドの隆起が目立っていないのを除いて ドワーフィズム(矮小発育症)が見られるものは、ドッグショーにおいてすべて失格となる。
その他のプードルの特徴
プードルは、全犬種のなかでも ジャーマンシェパード・コリー(シェットランド・シープドッグを含む)についで3番目に頭の良い犬種とされ 訓練性能も良く スタンダードプードルは、軍用犬・警察犬として活躍してきた歴史があります。そのため しつけは入りやすいとされています。
プードルのカットは、元々鳥猟犬(カモ猟)に使用されていた時に 心臓・肺・腎臓・手首の関節・かかとの関節・ケガをしやすい尻尾の先の毛を残し 水中で作業しやすいようにその他の部分を刈っていた事が現在のドッグショーにおいての基本カットであるコンチネンタルカットに発展したと言われています。
プードルのペットクリップ(ペット用のカット)には、いろんな種類がありますが ムスタッシュから発展したテディベアーカットが現在の流行となっている。

▲このページのトップへ