トイプードルレッド・チワワチョコタンのブリーダーのレッドトイボックス

ヨークシャーテリアについて

ヨークシャーテリアの原産地
イギリス(ヨークシャー地方)
ヨークシャーテリアの歴史
19世紀の中ごろ、ヨークシャー地方の工業地帯で工員や炭鉱夫の家を荒し回ったネズミを捕らえるため作出され 当時はかなりの大きかった。
1862年「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャー・テリア」と命名されたが、犬種名が長すぎたため定着せず、1870年ごろからヨークシャー・テリアと呼ばれるようになった。
この犬種を作出するために使用されたのはマンチェスター・テリア(オールド・ブラック・タン・テリア)、スカイ・テリア、マルチーズだったといわれている。その可憐な容姿と華麗な毛色から「動く宝石」とも呼ばれている。世界中で人気犬種となっている。
ヨークシャーテリアの一般的な外貌
長い被毛で、左右に均等に真っ直ぐ垂れる。分け目は鼻から尾先まで直線的に伸びている。
たいへんコンパクトで、整然としており、直立した姿勢は威厳ある態度を示している。
全体のアウトラインは活き活きとした印象を与え、十分にバランスがとれた体格である。
ヨークシャーテリアの一般的な性格
用心深く、利口なトイ・テリアである。気質は安定しており、勇敢である。
ヨークシャーテリアの毛色
ダーク・スチール・ブルー(シルバー・ブルーではない)はオクシパットから尾の付け根まであり、フォーン、ブロンズ又はダークな毛と混ざることは決してない。
胸の毛色は鮮やかな光沢のあるタンである。タンは根元の部分が濃く、毛先に行くに従い、明るめの色調となる。
ヨークシャーテリアのサイズ
3.1kgまで

▲このページのトップへ